-しみ・しわの対策

2009年8月アーカイブ

しみとは

| コメント(0) | トラックバック(0)

日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ☆高濃度ハイドロキノン(4%)配合美容液プラスリストア ナノ...

 

しみとは、顔面、特に額・頬・上口唇などに左右対称性にみられる褐色斑のことです。医学用語では「肝斑(かんはん)」といい、女性に特有のものとされています。他に、中年期以降、顔面や手の甲など日光に当たる部分にできるしみもあり、これは「老人性色素斑」と呼ばれます。この場合は老化に伴う現象なので病気ではありません。

しみの数には個人差があります。いずれもかゆみなどの自覚症状はありません。ほとんどのしみは、加齢によるものです。

しみができる原因は、紫外線やストレス、ホルモンなどの刺激を肌が受けて、細胞から一時的に大量のメラニン色素が放出されること。普通なら1ヶ月月ほどで新陳代謝によってメラニンは排泄されるのですが、新陳代謝が衰えていると、メラニンが肌に残り、やがてはしみになるのです。

しみの予防のためには、生活習慣を見直す必要があります。「ストレスを溜め込まないように工夫すること」「なるべく規則正しい生活にすること」「たばこは控える」等々があります。

しみは、一旦できるとなかなか治りにくいです。よって、普段からの生活態度に注意が必要となるのです。

しみを改善

| コメント(0) | トラックバック(0)

クローバーの刺繍が可愛い!!コンパクトな折りたたみ日傘mini

 

しみは一度できたら完治するのは難しいですが、それでも薄くすることは可能です。では、しみを改善するにはどうしたらいいでしょうか。

しみの原因は、ほとんどが紫外線によるものです。まずは紫外線を直接浴びないことが重要です。外に出るときはUVケアである日焼け止めを塗ること。また晴れた日は、日傘をさす、帽子をかぶる、サングラスをかけるなどを行なうとよいでしょう。

しみを改善するために、美白効果のある化粧品を使ってみたりするのも手です。他に、美容外科などでしみの治療を受けることで、しみを薄くしていくことも可能です。

しみの改善には、化粧品などの外側からのアプローチだけでなく、食事やサプリメントでの栄養補給・適度な運動といった内側からのアプローチも必要です。例えば......暴飲暴食や偏った食事が続くと、内臓は疲れてしまいます。そうなるとメラニンが増えるのだそうです。つまり、しみになりやすいというわけです。したがって、バランスの良い食事を心掛けることが大切になります。

しみを改善するのには、適度な運動も必要です。からだを動かすことで新陳代謝も良くなり、細胞が活性化され、結果的にお肌がキレイになるということです。

しみをできるだけ増やさないように、あなたができるところから対策をしていきませんか?

 FX用語集 ドルストレートとは?  FX用語集 消費者物価指数  労働組合役員の勤務偽装「ヤミ専従」とは

美容としわ

| コメント(0) | トラックバック(0)

目元の「しわ」気になる方必見!!噂のポカポカ目元専用美顔器「アイフォト」を先着200名様プレ...

 

美容の大敵であるしわ。いつまでも若々しくありたいと願っている女性にとって、しわができるのは大きな悩みです。

しわは加齢とともに、目尻・額・ほほといった、顔のあらゆるところに出てきます。顔だけでなく、首周りや手足にもしわはできます。しわは、皮膚の水分含有量の低下、真皮層のコラーゲン含有の低下で出現します。また、しわの進行は肌の乾燥、紫外線等によっても助長されます。

しわのケアの一つに、エイジングケア基礎化粧品があります。これは肌に潤いを与えるコラーゲン配合の化粧品を使用して、肌の老化を遅らせるというねらいがあります。もちろん、しわ対策では、化粧品だけでなく、食事・睡眠・運動といった普段の生活を見直すことも大切です。

美容外科におけるしわ対策としては、ヒアルロン酸、ボトックス、コラーゲンを注入する方法や、レーザー治療、またメスを使った方法もあります。しわの治療を受ける場合、まずはカウンセリングで自分に適したものを知ることです。若々しさを取り戻したい方は、こういった治療を受けるのも一つの方法です。

 政治ニュース専門ブログ  ネットブックPCって何? その利用法

画期的な成分アルジルリンを主成分にシラノール、コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸の...

 

しわはなぜできるのでしょうか。肌は表皮と真皮と皮下組織の3層で構成されています。

真皮は細胞の構造物でできた厚みのあるものです。真皮が表皮を支えています。しわは、真皮が劣化したため現れてくるのです。

しわができてしまうのは、真皮のコラーゲンの量の低下、神経芽細胞の活動低下などが原因です。しわができると、見た目にも老けて見られがちになります。

しわは紫外線や乾燥によって引き起こされるものがほとんどです。紫外線は肌を日焼けさせて細胞を破壊し、肌の老化を進めます。また紫外線を浴び続けていると真皮にまで到達し、コラーゲンを変性させてしまいます。また肌の乾燥も、しわの原因のひとつです。乾燥によってできた小じわは、だんだんと深みを増してきます。

しわは年齢で決まるものではありません。肌質、体質、性格、生活習慣などの条件が複雑に絡み合って、しわの有無が決定されるのです。

しわがなるべくできないように、今日から自分を見つめ直してみませんか。

 投資信託は株より儲かるのか  プロテインダイエットで本当に痩せられるか
カテゴリー
更新履歴
しみとは(2009年8月17日)
しみを改善(2009年8月17日)
美容としわ(2009年8月17日)
しわはなぜできるのか(2009年8月17日)
カテゴリー
更新履歴
しみとは(2009年8月17日)
しみを改善(2009年8月17日)
美容としわ(2009年8月17日)
しわはなぜできるのか(2009年8月17日)