Top > しわはなぜできるのか

しわはなぜできるのか


画期的な成分アルジルリンを主成分にシラノール、コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸の...

 

しわはなぜできるのでしょうか。肌は表皮と真皮と皮下組織の3層で構成されています。

真皮は細胞の構造物でできた厚みのあるものです。真皮が表皮を支えています。しわは、真皮が劣化したため現れてくるのです。

しわができてしまうのは、真皮のコラーゲンの量の低下、神経芽細胞の活動低下などが原因です。しわができると、見た目にも老けて見られがちになります。

しわは紫外線や乾燥によって引き起こされるものがほとんどです。紫外線は肌を日焼けさせて細胞を破壊し、肌の老化を進めます。また紫外線を浴び続けていると真皮にまで到達し、コラーゲンを変性させてしまいます。また肌の乾燥も、しわの原因のひとつです。乾燥によってできた小じわは、だんだんと深みを増してきます。

しわは年齢で決まるものではありません。肌質、体質、性格、生活習慣などの条件が複雑に絡み合って、しわの有無が決定されるのです。

しわがなるべくできないように、今日から自分を見つめ直してみませんか。

 投資信託は株より儲かるのか  プロテインダイエットで本当に痩せられるか
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
しみとは(2009年8月17日)
しみを改善(2009年8月17日)
美容としわ(2009年8月17日)
しわはなぜできるのか(2009年8月17日)